中古車のBMW525i(E60,E61)を購入してみての評価について

 

BMW5シリーズのE60,E61の中古車を今購入しようか悩んでいる方に、私が実際に7年落ちの7万2000km中古車のBMW525i  E61Mスポツーリング(2005年前期モデル)を購入してみてわかった評価や感想を話したいと思います。

 

こんばんはnaruです。

今回は、これからBMW5シリーズE61の中古車を購入しようか悩んでる方に少しでも参考にしていただければと思います。

 

ちなみに、私のE61は現在は手元にありません(泣)

 

3年と9カ月所有しておりましたが、エアサスポンプ、ロアアーム、オイル漏れ、冷却水漏れ、ローター交換などしないと車検に通らないと言われ修理代が70万円近くかかると言われ泣く泣く去年の12月にさようならしました。

 

中古車のBMW525i E61を購入してみての評価

【BMW E61 Mスポーツパッケージ]

 

 

 

BMWのミドルレンジにあたる高級スポーティサルーンが5シリーズ。

 

ボディはアルミニウムとスチールのハイブリッド複合による軽量構造とし、理想的な前後軸重量配分50:50を踏襲している。

 

2.5L(192馬力)と3L(231馬力)の直列6気筒、4.4L(333馬力)のV型8気筒エンジンの3ユニット。

 

排気量ごとに525i、530i、545iの3バリエーション。5ドアツーリングワゴンは、525iのみ。組み合わされるミッションは、マニュアルライクな操作ができるステップトロニック付6速オートマチックトランスミッション。

 

ツーリング向けに特別に開発された、エアスプリングを採用したセルフレベリング(自動車高調整)機能を持つ。

 

ラゲッジルームにはロールアップ式ラゲッジエリアカバー、ネット、カーゴフック4個、補助電源ソケット1個が標準装備。

 

BMWのiDrive思想に基づくコクピットは、ドライビング関連機能はドライバーからすぐに手の届く位置やステアリングホイール付近に、快適性のための基本機能はセンターコンソールにまとめられる。

 

また、8.8インチワイドDVDナビゲーションシステムは標準装備とする。

 

安全機構として、全車にデュアル&ITSヘッド&前後サイドエアバッグ、ABS、ブレーキアシスト、ダイナミック・スタビリティ・コントロールを装着する。ツーリングは右ハンドル設定。

 

今から約4年前までボルボV70ステーションワゴン(2001年モデル)2400ccに6年くらい乗っていたのですが、

 

さすがにちょっと飽きてきたのでいつもお世話になっているボルボ専門ショップ・ワンズコーポレーションの店長さんにお願いして、

 

予算200万円くらいでBMW525i E61ツーリング(ブラック)をオークションで探してもらうことにしました。

 

1週間後、店長さんから電話があり、『程度の良い2005年モデルBMW525i E61(前期モデル)付きが見つかりましたよ?それも人気のMsportsです!!』

 

仕事中だったこともあって、二つ返事でそれお願いします!って言っちゃったわけです。

 

現車の方は東京にあるということで陸送で引っ張って来てもらうことになりました。

 

その後、店長さんから連絡があり、ショップの方に車が届いたということで早速、仕事の帰りにショップに寄り、あこがれのBMWを拝見~!

 

ところが・・・

 

『え?~えっ?』

『俺、黒って言いましたよね?・・・』って聞いたら

 

『はい、ブラックです!』って、紺色じゃん・・・

 

『この年式、はソリッドのブラックではなく、”カーボンブラック”です。つまり、炭のような濃い紺です!!』やて

 

ちょっとショック・・・勉強不足でした。

 

でも、ガラスコーティングされてピカピカになってお家にやって来たBMW E61を見たら、これがまた、『カッコイイ~!!(笑)』

 

BMW525i E61を運転してみた感想

前車170馬力のボルボと比べたら、めちゃめちゃ早い。

 

加速とトルクが全然違うのが乗ってみて一瞬でわかりました。

 

ステアリングも、純正アルミホイル18インチ(タイヤサイズ225,40)をはいている割に回る回る、軽い軽い!!

 

恐らく『アクティブステアリング』のおかげだと思います。

 

サスペンションは、スポーツタイプのためか少し硬めで乗り心地は良いとは言えません。

 

長距離を運転したら腰やられました(泣)

 

シートの形状や乗り心地で言えばボルボに劣っている感じを受けました。

 

ボルボは、長距離を運転しても腰も痛くならないし車から降りた後の疲れが全然ないからね。

 

もしも、長距離をドライブをよくする方や乗り心地を重視するなら、絶対!HiLiNEの方をお勧めします。

 

つぎに気になる燃費の方ですが、燃料はハイオクで街乗り5,8kmくらい。

 

高速道路で12~13kmです。

 

高速道路の長距離には向ていると思う。

 

ハッキリ言って燃費は悪いです。燃料もハイオクなのでコスパは悪い。

 

ガソリン代なんか気にしないって方はどうぞ買っちゃってください(笑)

 

あと、気になったのは、シートベルトやギアをリバースに入れた時に鳴る『ぽぉーん』という警告音がやたらデカくてうるさいです。

 

慣れれば平気だとは思いますが、初めはかなり気になるかと思います。

 

DVDナビは、使い物になりません。

見にくいし、全然ダメダメです。

 

ちなみに、私はユピテルのポータブルナビをつけていました。

 

後期モデルからは、HDDナビに変わりましたが、どのくらい使えるのかわかりません。

 

BMW525i E61ツーリングは、ランフラットタイヤです.

 

通常のタイヤではパンク直後に操縦性能が急激に悪化し、ドライバーが車を制御できなくなり事故に至る可能性がありますが、

ランフラットタイヤではパンク後も暫くは走行が継続できるため事故に遭遇するリスクを回避できます。

 

ランフラットタイヤでもタイヤバースト(破裂)やショルダー部(サイドウォール)やホイールリム変形を伴う大きな損傷など、ランフラットタイヤ自体が機能しなくなる損傷は稀である。

 

よって、パンク修理剤が効かない広範囲なパンクに対してもランフラットタイヤの効果は絶大です。

 

また、スペアタイヤがついていません。

だからトランクスペースが広く使えて、デザイン自由度の向上、車両の軽量化にもつながり、燃費の向上にもなるってこと。

 

しかし、ラジアルタイヤに変更した場合は、パンク修理剤を積載しないと車検は通りませんよ?

 

とりあえず、こんなところでしょうか。

 

まとめ

BMW525i E61は、デザイン的にも走りにしてもすべてに置いてとても良くできた車だと私は思います。

 

前から見ても、後ろから見てもカッコいいです!!思わずうっとりしちゃいます!!

 

燃費は悪いですが、BMWを操縦しているという満足感はそれに代えがたいものがあると思いますね。

お勧めの一台だと思います!!

あわせて読んで欲しいContents

\ この記事はどうでしたか?/

-

© 2020 NARULOG Powered by AFFINGER5