トレンド

エアロゾル 感染 と は?空気感染と飛沫核感染 の違いや予防対策!【新型コロナ】

コロナウィルス

 

中国の公式保健部は土曜日(2月8日)に、新しいコロナウイルスが空中を伝染する可能性があることを確認しました。

直接感染および接触感染に加えて肺炎の感染経路には 【エアロゾル感染】も含まれることを重大発表!!

 

中国メディアの澎湃によると上海市民政局の曽群副局長は8日の記者会見で衛生防疫専門家の意見として「現在の確定的な新型肺炎感染主要経路は『直接感染』『エアロゾル感染』『接触を通じた感染』と判断される」と明らかにした。

曽副局長は「エアロゾル感染は飛沫が空気中で混ざり合ってエアロゾルを形成し、これを吸入して感染するもの」と説明した。

中央日報より

 

『エアロゾル感染?!』

 

って何じゃそれ?!!僕自身も初めて聞きました。

 

あんまり聞きなれないけど、どんなに危険なものなのかを知っておく必要がある。

 

ということで、本記事ではエアロゾル感染ってどんなものなのか?飛沫感染 と空気感染 違いや対策についてまとめてみました。

 

エアロゾルとは?

気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子をエアロゾル(aerosol)といいます。

エアロゾルは,その生成過程の違いから粉じん(dust)とかフューム(fume),ミスト(mist),ばいじん (smokedust) などと呼ばれ,また気象学的には,視程や色の違いなどから,霧(fog),もや(mist),煙霧 (haze),スモッグ(smog)などと呼ばれることもあります。

エアロゾル粒子の性状は,粒径や化学組成,形状,光学的・電気的特性など多くの因子によって表され,きわめて複雑です。

その上,例えば粒径についていえば,分子やイオンとほぼ等しい0.001μm=1nm程度から花粉のような100μm程度まで約5桁にわたる広い範囲が対象となり,また個数濃度についても,清浄空気の10個/cm3程度から発生源近傍の106~1010個/cm3程度まで 7~8 桁にもわたり,さらに最近の超クリーンルームにおいては10-5個/cm3程度まで要求されるようになっています。

このように,エアロゾル粒子は微小・微量である上に,多数の因子によって表され,しかも個々の因子の対象範囲がきわめて広いことから,エアロゾル研究の基本となるエアロゾル粒子の粒径測定一つをとっても,単一の方法はもとより同一の原理に基づく方法により全域を測定することは容易でなく,このような性状特性がエアロゾル研究の難しさの原因となっています。
日本エアロゾル協会

 

エアロゾル 感染 と は?

炎症

 

エアロゾル感染は、気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子が混ざりあってエアロゾルを形成し、これを吸入して感染するもの」

 

エアロゾルの種類は、『粉じん(dust)とかフューム(fume),ミスト(mist),ばいじん (smokedust) 』

気象学的なものでは、『霧(fog),もや(mist),煙霧 (haze),スモッグ(smog)』などがあります。

 

 

 

飛沫核感染と空気感染 (飛沫感染、粉塵感染)の違いって何?

飛沫感染とは?

 

患者のくしゃみ、あるいは気道の吸引などによって飛散する体液の粒子(飛沫)は、時に病原体を含んでいるが、これが他人の粘膜に付着することで感染が成立する。

 

 

飛沫核感染(空気感染、粉塵感染)とは?

 空気感染=飛沫が乾燥して水分が蒸発すると、飛沫核がのこり、これは、5μm未満の大きさで、軽いので、長時間、空気中に浮遊して、病原体も一緒に、空気中を長時間漂う。

 

飛沫として空気中に飛散した病原体が、空気中で水分が蒸発して5マイクロメートル以下の軽い微粒子(飛沫核)となってもなお病原性を保つものは、単体で長時間浮遊し、3フィート(91センチメートル)以上の長距離を移動する。

 

呼吸により粒子を吸い込むことにより感染を生じる。埃と一緒に、ウイルスを吸い込む場合でもなる。

 

飛沫感染と飛沫核感染は病室管理上、区別する必要がある。飛沫核感染する、治療法のない強感染性・強毒性の病原体に感染した患者は、フィルターをもった独立した排気経路のある陰圧室での隔離療養が理想である。

 

なんだかややこしいが、まとめればこうなる。

○飛沫感染というのは、空気中に飛散した水分を含んだ大きめの微量子で、飛沫核感染(空気感染)は、飛散したウイルスの水分が蒸発して小さな微粒子になったものをいう。

 

○飛沫感染の場合、無風状態の室内ではすぐに地面に落ちるが、飛沫核感染の場合は、粒子が細かいため長時間空気中に漂っているってことですね。

 

また、飛沫は吸い込まれても、軌道粘膜上皮の線毛運動によって外に排除されることが多いが、飛沫核は、非常に粒子が小さいため肺の奥まで到達してしまうってことになります。

 

なので、飛沫核感染の方が厄介ってことになります!

 

新型コロナウィルス肺炎による飛沫感染を予防する6つの対策とは?

 

個人ができる自分のため、みんなのための感染予防対策

お勧めの記事 

≫空間除菌できる『OXYDER(オキサイダー)』コロナ感染予防対策に!

 

新型コロナウイルス感染症の現状からは、人から人への感染力はまだ明らかになっていません。過剰に心配することなく、風邪や季節性インフルエンザと同様に、咳エチケットや手洗い等の通常の感染症対策を行うことが重要です。

1:新型コロナウィルス肺炎の飛沫感染を防ぐには、手洗いが重要!

 

咳やくしゃみなどで放出された飛沫に含まれる大量のウイルスは、時間の経過とともに感染性を失っていきますが、物品や環境表面でもしばらく生存することがあります。

 

外出して人が多く集まる場所に出かけた場合は、どこにウイルスが付着しているのか判りません。

 

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着し、その手で口や鼻などを触って感染(接触感染)する可能性があります。

 

外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などには、流水と石鹸による手洗いを最低15秒以上、指の間や手首も含めて丹念に洗いましょう。洗った後は清潔なタオルなどで水分を十分に拭きとってください。

 

正しい手の洗い方

 

食卓テーブルやドアノブなどの殺菌には、キッチンハイターを1リットルペットボトルにキャップ3杯程度入れて消毒液を作りそれを使って殺菌消毒。

 

〇ふきんなどで拭いて乾けば、殺菌終了です!!

 

2:新型コロナウィルス肺炎の飛沫感染を防ぐには、咳エチケットをしよう!

box2

 

マスクをつけずに咳やくしゃみをしている人のそばにいると、そのしぶき(飛沫)を吸い込んで感染(飛沫感染)する可能性があります。流行している時期や地域では、人込みには行かないことが感染予防の基本になります。

 

他人に感染させないためには、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえましょう。特に電車や職場、学校など人が集まるところで実践することが重要です。

3:新型コロナウィルス肺炎の飛沫感染を防ぐにはマスクを着用が必須!

 

 

・ティッシュなどで鼻と口を覆います。

・とっさの時は袖や上着の内側でおおいます。

・周囲の人からなるべく離れます。

 

新型コロナウィルス肺炎の飛沫感染を防ぐ正しいマスクの着用の仕方

正しいマスクの着用

 

マスクを選ぶ際の6大チェックポイント!!

 

ポイント

1:購入前 素材・機能をチェックする

2:購入前 形・サイズをチェックする

3:購入後 顔との間に隙間ができないか?

4:購入後 耳かけで耳が痛くならないか?

5:購入後 呼吸がしやすいか?

6:購入後 ゴワゴワしたり不快感はないか?

 

4:免疫力を増進させること!

 

バランスのとれた食事で栄養をしっかり摂り、適度な睡眠、運動を心がけることで免疫力を上げることが大切です。

 

免疫力を上げることにより、感染を防げたり、感染したとしても症状が早く改善しやすいと言われています。

 

5:適度な換気を行うこと!

 

家庭や職場では適度に窓を開けて空気を入れ替えるなどの工夫をしましょう!

 

6:新型コロナウィルス肺炎の疑いがある場合は、医療機関の受診が必須!

 

中国の武漢市に滞在歴がある場合や新型コロナウイルス関連の肺炎患者と接触し、咳や発熱などの症状が出現した場合には、事前に保健所へ連絡し、武漢市の滞在歴の有無を伝え、保健所の指示に従って、マスクを着用して速やかに受診するようにしてください。

 

最新のSNSの反応は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポチっとよろしくお願いします!


人気ブログランキング;

 

あわせて読んで欲しいContents

\ この記事はどうでしたか?/

-トレンド

© 2020 NARULOG Powered by AFFINGER5