トレンド

GAFA課税って何?GAFA課税(デジタル課税)とは?

アマゾン

 

GAFAって何のことか知っていますか?

 

今、消費税の増税に加えて、『Google,Apple,Facebook,Amazon』などが行っているサービスに新たな課税ルールを決めようという『GAFA課税(デジタル課税)』

 

これがもし実現した場合、私たちの生活にどのような影響があるのか?

 

こんばんわ!美容師のnaruです。

 

いよいよ令和元年10月より実質消費税が10%になりますが、それに加え今、私たちが普段からよく利用している『Google,Apple,Facebook,Amazon』などの無料サービスに課税しようという動きがあるようです。

 

今回は、この『GAFA課税(デジタル課税)』ってそもそも何?って方に詳しくわかりやすいように説明していきたいと思います!!

GAFAって何?

GAFAとは、『Google』『Facebook』『Amazon』『Apple』の4社のことを言います。

 

GAFA課税とは?

『Google』『Facebook』『Amazon』『Apple』などの巨大IT企業が低税率の国や地域に利益を移す課税逃れを防ぐ国際的な課税の新ルールです。

 

今後、GAFA課税が実行されるとどうなるのか?

 

無料や安価で使えたサービスのコストが上がる可能性がある。

 

先進的な企業が国から撤退する可能性もある。

 

今、世界的にデジタル企業へ特別な課税する動きが出始めている!

現在、老若男女問わずインターネットを使ってお買い物をする方がどんどん増えてきています。

 

ということは誰でもGAFAのサービスの何かしらを利用していると思います。

 

こうしたデジタルプラットフォーマーと言われる企業に対して、世界中が特別な税制度を作り、課税をしようという動きがあります。

 

もしも、これらの企業に対して課税負担を増やせば、企業はどこかにその費用を転嫁する可能性も出てきます。

 

その結果、私たちユーザーのコスト増につながることになるわけです。

 

例えば、無料で使用できるGmailやニュース検索が有料に、Apple Music、Amazon プライムなどがコスト増しになる可能性があります。

 

なんで今更になって、世界的にこんな課税制度を設けようという動きが出て来たのだろう?

 

きっかけは、2018年の欧州委員会の試算がきっかけです。

 

欧州企業の税率負担が平均20,9%だったのに対して、GAFAは8,9%にすぎないということになりました。

 

これは、日本でも同様に、これらのデジタル企業は適正な税金を納めていないという指摘が出ているのです。

 

これは日本でも同様に、これらのデジタル企業は適正な税金を納めていないという指摘が出ているのです。

 

実際に、今年の1月からフランスで、4月からインドとイギリスで課税を始めることになり、世界各国で課税が始まっています。

 

日本も自民党がGAFA調査に乗り出すなどの課税に対する動きが高まってきています。

 

しかし、大胆な課税対策を行うことで先進的な企業が国から撤退の恐れがある!!

経済学の研究では、国家間で規制緩和競争になりやすいとの報告もあるらしく、自国だけ課税すれば先進的な企業が国から逃げてしまい、法人税そのものを大きく取り損ねる可能性もあるから容易に大胆な課税は難しいと思われます。

 

さらには、巨大企業と政治との密接な関係があるのか、そうした企業を税制面で優遇しやすいという政治学者も存在するだけに、課税はそれほどうまくいかないだろうという意見もあるようです。

 

大阪で行われてG20では、世界で協調課税ルールを作りましょういう提案がされたようですが、企業誘致に必死なはずの各国がこの提案に乗り気になるかどうかがカギになるみたいですね。

 

ひとこと

私たちが日常からよく使用してるGoogleやアマゾン、フェイスブック、アップルなどのサービスがもう当たり前ではない時代がすぐそこまで来ているかもしれませんね。

 

できれば、企業努力して頂いて出来るだけユーザーの負担が少なくなるように頑張って頂きたいですよね!!

あわせて読んで欲しいContents

\ この記事はどうでしたか?/

-トレンド

© 2020 NARULOG Powered by AFFINGER5