トレンド

ジェナーロ・アルマ船長の顔画像と経歴は?ダイヤモンド・プリンセス

ダイヤモンド・プリンセス

 

毎日のように新たな感染者が出る中、ダイヤモンド・プリンセスのジェナーロ・アルマ(Gennaro Arma)船長は船内に一日中閉じ込められた乗客ら2600人に向け、情報を提供し続け、頻繁にメッセージを送り励まし続けたと『勇敢な船長』と絶賛されていますね。

 

そんな、ジェナーロ・アルマ船長さんとはどんな人なのか調べてみました。

 

ジェナーロ・アルマ船長の顔画像と経歴は?【ダイヤモンド・プリンセス号】

 

ジェナーロ・アルマ船長は、ダイヤモンド・プリンセスの乗客の方にこのようなメッセージを送り勇気づけたそうです。

「ダイヤモンドというのは、高いプレッシャー(圧力)の下で非常にうまくいった炭素の塊です」。

 

アルマ船長は乗客にこう語り掛け、ソーシャルメディア上にハッシュタグ「#hangintherediamondprincess(ダイヤモンド・プリンセス頑張れ)」と一緒に投稿された応援メッセージを読むよう勧めた。

 

「ここに残る人々が家族のように団結できると確信しています。一緒にこの旅を成功させましょう。世界が私たちに注目しています」

 

バレンタインデーには、乗客にチョコレートを贈り、「(愛は)すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える」との聖書の一節を添えた。

 

引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00000030-jij_afp-int

 

今回は、ダイヤモンド・プリンセスのジェナーロ・アルマ船長がどんな方か?顔画像を含め経歴を調べてみました。

 

ダイヤモンド・プリンセスのジェナーロ・アルマ船長の顔画像と経歴

gennaro-arma

 

名前:ジェナーロ・アルマ(Gennaro Arma)

出身:イタリア・ソレント半島

入社:1998年

 

2018年にダイヤモンドプリンセス号の船長に就任。

 

ジェナーロ・アルマさんは勇敢な船長だった!【ダイヤモンド・プリンセス】

この時にダイアモンドプリンセスの乗船していた外国の乗客の投稿より

 

ダイアモンドプリンセスの最後の乗客が避難した場合にのみ、彼は彼に委ねられた船から下船し、コロナウイルスの緊急事態が終わるまで船上に残ります。

 

彼はイタリアの指揮官、ジェナーロアルマです。横浜港で検疫されたクルーズ船のうち、船上で発生したCOVID-19コロナウイルスの流行により、陽性の検査を受けた他の同胞も含まれていました。

 

ソレント半島出身のコマンダーウェポンは、数日中に外務省によって準備された特別な飛行機で船から避難される同胞のグループの一部ではないことは確かです。

 

何日も前から、アルマは予見できなかった緊急事態に対処してきましたが、ボロンである多くの人々によると、彼は乗組員と乗客の士気を上げることで勇気をもって対処しています。

 

ダイアモンドプリンセスでの彼女の毎日のアナウンスは今やほとんど伝説になっています。ジェナーロ・アルマ司令官は毎日、警戒心を抑えようとするすべての人に耳を傾け、落ち着いて、新しいコロナウイルスの流行後にとられた制限措置を順守するよう動機付けています。

 

「勇敢な船長」に感謝する多くの船からのつぶやきの中で。「キャプテンありがとう!休みなさい、私たちもあなたのために頑張ります!」乗客を書いて、彼女のオーディオを公開しました。

 

「私たちは、ウイルスの脅威から逃げることなく乗客にサービスを提供し続けている役員と乗組員に敬意を表します」と他の誰かが書いた。

 

彼にくれた多くの人は船上の手紙に感謝します。さらに、ジェナーロ・アルマはバレンタインデーには、乗客にチョコレートとハート型のカップケーキを配布し、励ましチケットを添えた後、拡声器からの愛の詩を称賛しました。

 

「それは私たち全員にとって特に前例のない困難な状況ですが、自分自身を見つける条件を考えると、私たちは落ち着いています。乗船することはたくさんあります。私の唯一の懸念は乗客の世話をすることです。

 

引用記事:continua su: https://www.fanpage.it/attualita/gennaro-arma-il-capitano-della-diamond-princess-che-rimarra-bordo-fino-alla-fine/

 

まとめ

孤立した船の中という環境で、自分のことも顧みず冷静にメッセージを送り乗客を励まし続けたジェナーロ・アルマ船長はすごい人ですね。

 

本日、80代の乗船客から2名がお亡くなりになりました。

心より、ご冥福をお祈りいたします。

あわせて読んで欲しいContents

\ この記事はどうでしたか?/

-トレンド

© 2020 NARULOG Powered by AFFINGER5