トレンド

台風や大雨で被害を受けた家を無料で実地調査!保険金で修繕する方法

家

 

ポイント

台風や大雨によって、住まいが被害を受けた。

自分で家の被害状況を調べることができないので専門の実地調査をしてくれる業者を知りたい。

家を修繕工事するのにどんな保険で保険金がどれだけ下りるのか知りたい。

出来るだけ費用を抑えたい・・・。

 

こんなお悩みの方に無料で被害物件の実地調査や見積書の作成、保険会社とのやり取りのアドバイスや

お客さまが正当に保険金を受け取ることができるお手伝いまでしてくれる会社をご紹介します!

 

お家のドクター.COMです!!

お家のドクター.COMサービス内容

 

1:無料で被害物件の実地調査。

2:調査後の診断結果に沿って、保険費用の申請書類を作成してくれます。

3:保険会社とのやり取りのアドバイスまでしてくれる。

4:保険申請が承認されたらその保険金で箇所の修繕工事をしてくれます。

5:全国どこでも対応している。

6:4000件以上の実績あり。

 

お客さまが正当な保険金を受け取ることができるし家の修繕工事までしてくれるから安心ですね!!

 

台風被害や大雨などで家が被害を受けときは火災保険から保険金を受け取れます!!

 

お金

 

台風や大雨、雪などでお住まいが被害にあった時、『火災保険金』が下りる事を知っていましたか?

 

現在、火災保険の加入物件は全体の約8、9割ほどと言われておりますが、火災保険金は火災が起きた場合にしか下りないと思っている方が非常に多いのです。

 

実は、約9割の火災保険は、火事以外の台風、大雨、雪などの自然災害による被害にも適用できるんですよ!!

 

一見被害のないように見える家を含め、築5年以上の一戸建てで平均80万円の保険金が下ります。

 

ビルやマンションの場合は500万円以上出ることが多いです。( ※支払われる金額は地域によってばらつきがあります。)

 

火災保険が下りる条件

築5年以上の火災保険に加入されていること。

物件(一軒家、マンションなど)かマンションの一室をお持ちの方。

 

台風や大雨による住まいの被害状況はプロに任せた方が良い理由

?マーク

 

台風や大雪の被害とは、普段、お住まいの方でも気づかないような目視で分かりにくい軽微な被害が全体のほとんどを占めております。

 

その為、申請すれば受け取れるはずの保険金をもらいそびれている方がとても多く、一見被害が何もないように見える家であっても、築5年以上の一戸建ての約70%以上で、平均80万円ほどの保険金が下りています。

 

また火災保険の場合、自動車保険などと違って等級制度ではないので、
保険金が下りた後にお客様が月々お支払いする保険料は一切変わりません。

 

そしていただいた保険金の使用用途には保険会社とお客様の契約上も法的にも制約がないため、
あらゆる自由な支出に使っても問題ありません。

 

しかし請求できることを知っていたとしても、
保険請求を実際に個人で申請するのが、困難でとても厄介な理由がいくつもあります。

 

火災保険を個人で申請するのが厄介な理由

注意

1.被災箇所を探す為に、ハシゴなどを使って屋根に登って調査しなければならない

2.傷が被災によるものか経年劣化によるものかの判別が必要

3.被災箇所を適切な角度で写真撮影する必要がある

4.申請可能な箇所を見落としてしまうリスクがある

5.被災箇所が、具体的にいつどの災害によって生じたものかを特定しなければならない

6.被害に見合った適切な額の見積書を作成しなければならない

7.保険会社・鑑定人とのやり取りを正確に行わなければならない

 

まとめ

上記のような課題がある火災保険を個人で申請するのはとても困難で、申請できたとしてもフロー内で曖昧・適切でないポイントがあると、申請が却下されてしまったり、本来支払われるべき保険金が減額されてしまったりする事も多いようですよね・・・。

 

あと、最近では悪徳業者による不当な修繕費用の請求などが横行しているため会社選びもとても慎重に選ばないといけません。

 

これから安全でも長く住み続けるためにもしっかりした信頼のある会社にお任せすることがお勧めだと思います!!

 

台風被害や大雨でお住まいが被害を受けた方のお申し込みはこちら

 

あわせて読んで欲しいContents

\ この記事はどうでしたか?/

-トレンド

© 2020 NARULOG Powered by AFFINGER5