トレンド

救救マスクは危険?!粗悪過ぎる中国製50枚入り100円には注意!

マスク

 

アマゾンや楽天市場などで不織布3層・救救フィルターマスク・50枚セットなどの宣伝で売られているマスクが中国(チャイナ)の非常に不潔な製造環境で作られている事がテレビ朝日モーニング・ショーの報道で明らかになりました。

 

報道によるとこの工場内は埃だらけな上に残飯のみかんの皮などが放置され不潔な上に、製造コストを抑える為にフィルター部分には石灰の粉を原料の樹脂に混ぜて繊維化させたものを使用している事が指摘されています。

 

救救マスクの中国製が危険な3つの理由とは?

マスクを製造している風景の写真

引用:https://www.pro-mask.net/kojyo/fueisei.html

 

救救マスクの中国製が危険と言われている理由として挙げられるのが

ポイント

・中国で製造しているマスクは、ミカンの食べくずなどがちらばる埃まみれの工場でマスクが作られていることです。

・マスクを製造してる社員の『マスクに対する衛生面や安全性の認識の低さ』です!

・フィルターには石灰の粉を原料の樹脂に混ぜて線維化したものを使っている!

 

「使い捨てなのに、なんで消毒なんかするんだ!」「新しい材料を使うと高くつく!」なんて言ってる従業員が作っているからあきれてものも言えない!

 

○ただし、日本で販売されているマスクメーカーのほとんどは中国製が多いです。中国製のマスクがすべてが粗悪品とは限りませんが注意が必要です!

 

中国製のマスクで注意が必要なのは『救救マスク 中国製(チャイナ製) 50枚入り』

 

マスク

 

○普通に楽天市場やアマゾンで販売されています!!

 

羽鳥さんがモーニングショーで救救マスクは粗悪で危ないと言っていた!!

 

モーニング・ショーの報道では、元々日本の企業がチャイナに製造を委託して作らせたが、当初は品質を満たして居たがその後品質基準が満たされなくなり製造販売を中止したものが、パッケージなどが偽造され委託業者以外で作られたものらしい。

 

上記の『救救マスク』は楽天市場やアマゾンのサイトでは在庫切れとなっていますが、そのレビューを見ると商品の欠陥を示すものが多く書かれており、如何に粗悪な商品であるかがわかります。

 

実際に『救救マスク』製造していた会社は?今はどうなっている?

 

このパッケージに販売会社は、10年前の用品パッケージで2018年くらいで販売中止してる。

 

この余った在庫を引き取った中国の企業が勝手に中国国内で生産し日本でも販売されているのだから恐ろしい話です。

 

楽天市場で見つけた『救救マスク』の口コミ

クチコミ Aさん

大人用マスクが売り切れだったので
子供用を購入しました(#^.^#)
でも、私や娘にはちょっと使いにはちょうどいいです。
ノーズワイヤーがないのはちょっと安定感に欠けますが、
短時間の病院などには便利に使わせて頂いています。
お得に購入しました。

 

クチコミ Bさん

箱汚れがひどく…箱のヘコミや傷は気にしませんが、こんなにキタナイとは…。
かなりの滞留在庫ですね、手に触れたらザラッとした感触。
指で撫でてみたら指が黒くなりました。
前回、ノイズワイヤー入りのを購入したので、箱の中は50枚1袋になって密閉されているのがわかっていますが、やっぱりいい気持ちはしません。
値段が値段だけに低い評価では気の毒な気がしますが、おすすめ度となると衛生用品ですし、目でも黒い汚れが確認できるぐらいなので、もう少し出荷時に汚れをふき取るなどの配慮がみられても…と思います。
一応、医薬品を扱うような会社なんですから。
やはり★3どまりです。

 

救救マスク 中国製に対するSNSの反応は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安全なマスクの選び方は?

全国マスク工業会のマークがついているものが品質を保っているものになります。

昨年3月29日 マスク工業会のpdfファイルより引用

中国マスク工場の製造環境及びマスク製品に関するテレビ報道について
2019 年 3 月 29 日
全国マスク工業会
会長 横井 昭
3 月 29 日の放送で伝えられました中国のマスク生産工場およびマスクに関する報道につい
て(一社)日本衛生材料工業連合会、全国マスク工業会の見解を申し上げます。
報道された内容に関して、当工業会では、テレビ朝日様から放映前日の問合せにより知るこ
ととなりました。
確認致しましたところ、映像にある生産工場、並びにマスク製品が、私ども会員企業に関
係するものではないと確認いたしました。
当工業会では、マスクの生産・販売をするにあたり「衛生マスクの安全、衛生自主基準」
を制定しております。
当工業会会員企業は、この自主基準を遵守することが義務付けられ、各社が責任を持って
管理しております。
また当工業会が制定しております各種自主基準を遵守している会員企業の商品に対して
確認の上、「全国マスク工業会会員マーク」を発行しております。
このマークは、パッケージ上に記載されておりますのでご購入時に確認いただけます。
なおこの自主基準はホームページに掲示してございますので会員以外の方でも見ることが
でき、マスクの管理基準として参考にして頂いております。なお本自主基準は、当工業会と
して会員企業の目安となる様に自主的に制定したものであり、法的な拘束力はございませ
ん。
このたびの中国の報道内容にあります粉末など何らかの材料を封入あるいは付着させた商
品につきましては、日本市場で一般に販売されているマスクとは異なる商品と理解してお
りますので見解を申し述べることができません。
また放送された工場などの製造環境、生産管理状態は、私どもでは判断する材料や情報を
持ち合わせておりませんので見解を述べることは控えさせていただきます。
当工業会会員マークの模倣については、今まで日本市場において確認をしておりません。
今後、市場において模倣マークを確認しました場合には、厳正な対応をいたします。
当工業会では、マスクを衛生的に、安心してご利用いただけるよう自主基準の遵守を徹底
することはもとより、材料や製造などすべての工程で再度の確認を実施し、安心してご利用
いただける商品づくりに会員一同、努めてまいります。
以上
なお本件に対するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
担当 : (一社)日本衛生材料工業連合会・全国マスク工業会
専務理事 髙橋紳哉
TEL 03-6403-5351 FAX 03-6403-5350

 

 

まとめ

今回は、中国製の粗悪な救救マスクは危険!

中国製50枚入り100円などの安価なマスクには注意が必要についての紹介をさせて頂きました。

 

マスクというのは、直接肌に密着するものです。

安全を第一に考えるならやっぱり日本製が一番なのかもしれない。

 

ポチっとよろしくお願いします!


人気ブログランキング

お勧めの記事

 

あわせて読んで欲しいContents

\ この記事はどうでしたか?/

-トレンド

© 2020 NARULOG Powered by AFFINGER5