トレンド

【最新】仏パスツール研究所が新型コロナウイルスの全ゲノム解析に成功!

コロナウィルス

 

パスツールの日本財団の情報によると2020年1月30日のプレスリリースより

フランス(仏)パスツール研究所が、新型コロナウイルスの全ゲノム解析に成功したと発表がありました!

 

パスツール研究所とは?

パスツール研究所(パスツールけんきゅうしょ、仏: Institut Pasteur)は、フランスのパリにある、生物学・医学研究を行う非営利民間研究機関であり、又PSL研究大学の機関である。

 

ルイ・パスツールが狂犬病ワクチンを開発し、1887年に開設した。微生物、感染症、ワクチンなどの基礎・応用研究の他、高等教育も行う。伝統的に微生物学や病原微生物研究が盛んである。近年ではヒト免疫不全ウイルス(HIV)の単離などの業績が有名である。

 

引用:ウィキ

新型コロナウイルス パスツール研究所による現状把握

1月29日 10:48

以下は、感染症研究と対策の世界的権威、パスツール研究所がまとめた、フランス時間28日16時30分時点での更新情報です。

(感染者と死亡者の現状は省略)

<原因> この肺炎は、コロナウイルス属に属し、現在2019-nCoVと呼ばれるウイルスによって引き起こされる感染症です。ウイルスの宿主は、おそらく動物だと思われます。このウイルスは、コウモリから見つかったウイルスにとても近いですが、ヒトへの伝染の元となった動物は、今のところ確認できていません。

<症状> 感染者に関する中国当局の発表によると、主な症状は、熱、咳、息苦しさ、胸の痛み、息切れです。潜伏期間は、7日間程度とみられますが、長い場合は14日間に及ぶことがあります。重症のケースは、主に、年齢や合併症が原因で抵抗力の弱った方達に起こっていますが、患者は、激甚な呼吸困難、腎不全、多臓器不全に見舞われ、死亡に至ることがあります。

<伝染> 最初の感染の大部分は、生きた動物の市場をしばしば訪れる人に起きています。このため、人獣共通感染症であるとの仮説が有力です。人間間の伝染は、当初なし、または弱いとみられていましたが、中国で、感染拡大の初期の患者を手当てしていた職員が、感染していることから、起こることが確認されました。

<診断法> 現在は、過去14日間にウイルスに暴露した人に、症状が出たかどうかでしか判断できません。パスツール研究所内の国立呼吸器感染ウイルス情報センターで、呼吸器からの採取物を使った検査法を開発中で、現在、有効性の審査がされています。

<治療法> このタイプのコロナウイルスによる感染症の直接の治療法は、まだありません。このため、治療は、対処療法のみということになります。

<答えの出ていない疑問点>
・宿主の動物
・動物から人間への感染プロセス
・ 外界で生き延びられるのか。その場合どれだけの期間生存できるか。
・潜伏期間の長さはどれだけか。
・感染期間の長さはどれだけか。
これらの疑問点に応えるべく、パスツール研究所とその国際ネットワークは探求を続けています。

 

引用記事 原文のまま:パスツール日本財団

 

パスツール研究所が、新型コロナウイルスの全ゲノム解析に成功

2020年1月30日のプレスリリースより

フランスのパスツール研究所は、フランスの指定研究所に開示されているP2M (Mutualized Platform for Microbiology) プラットフォームを使用して、29日、新型コロナウイルス2019-n-CoVの全ゲノムの解析にヨーロッパで初めて成功しました。

「病原体のゲノム解析は、診断法と治療法の開発に不可欠です。」とパスツール研究所呼吸器ウイルス研究センターのセンター長、シルビー・ヴァン・デア・ヴェルフは説明します。

フランスで最初の患者から採取したサンプルを24日(金)に準備し、27日(月) に解析を開始、28日(火)の午前中には、全ゲノムの解析を完了しました。その夜から29日(水)にかけてデータ分析を行い、その結果を29日にカウンター分析で確証するという、異例のスピードでした。

このデータは、世界インフルエンザデータ共有プラットフォーム (GISAID) に、今回追加されたコロナウイルスセクションで、世界中の研究者に共有されます。

「世界中で、20ほどの解析がされています。これをパスツール研究所の解析結果と比較すると、ほとんど違いがありません。このことから、ウイルスは変異の必要なく、環境に適応して広がることが出来たと推測できます。」と同研究センターのヴァンサン・エヌーフは述べました。

2019-n-CoV ウイルスの全ゲノム解析データ

 

引用記事: 原文のまま facebook 日本パスツール財団

 

ポチっとよろしくお願いします!


人気ブログランキング

 

あわせて読んで欲しいContents

\ この記事はどうでしたか?/

-トレンド

© 2020 NARULOG Powered by AFFINGER5