健康 アンチエイジング

身体が酸化するとどうなるの?酸化の危険性から守る方法とは?

錆び

 

ポイント

・身体が酸化っするってなに…。?

・身体の細胞が酸化することによって起こる危険性って…。?

・酸化から体を守る方法

 

本記事では、『人間の細胞が酸化するってどういうことなのか?』『細胞がしてしまうとどんなリスクがあるのか?』

『どうすれば酸化を防ぐことができるのか?』についてお話したいと思います。

 

身体が酸化するとどうなるの?

いつまでも、若々しくいるためには、活性酸素から細胞を守り身体の酸化を防ぐが大切です!

 

そもそも、『身体が酸化するってどういうこと?』

 

例えば、鉄です。

 

鉄は、長い間空気に触れていると赤茶色になって、もろくなり最終的には朽ちて使い物にならなくなりますよね?

 

これは、空気中の酸素と鉄が化学変化を起こし、元の鉄とは全く違う物質に変化してしまうためなんです。

 

主に、この状態を『酸化する』と言われる反応であり、『酸素が物質を劣化させてしまう現象です!』

 

そして、この酸化は、僕たちの身体の中でも起こっていることなのです。

 

僕たち、人間は呼吸をし、体内に酸素を取り入れることで生きるために必要なエネルギーを作り出していますが、この過程において一部の酸素が『活性酸素』という物質に変化します。

 

活性酸素とは文字通り『活性化した酸素』のこと。

 

空気中の酸素よりもさらに強力な酸化力を持っていてエネルギーを作り出す以外にも様々な要因によって体内で過剰に発生して健康な細胞まで傷つけてしまって、さらに身体の酸化が起こり、あらゆる病気や肌トラブルを引き起こす原因と言われているんです。

 

では、具体的に身体が酸化してしまうとどんなことが起こってしまうのか?

 

身体の酸化が進むことで起きる危険性とは?

 

活性酸素は、細胞を傷つけ、身体の酸化を招く怖い存在ですが、決して悪い面ばかりではないんです。

 

本来、活性酸素の役目は、体内に侵入してきたウィルスや病原菌をやっつけて、僕たちの体を守ってくれている存在。

 

『え?なのになぜ・・・?』

 

ってなりますよね?

 

問題は『ストレス』です!

 

ストレス社会と言われる現代においては、体内で活性酸素の過剰発生につながる要因が数多くあるということ。

 

僕たちは、常に細胞のダメージと、それに伴う身体の酸化の危険にさらされています。

 

僕たちの身体には、約60兆個の細胞で構成されています。

 

臓器、血管、筋肉、神経、肌などのあらゆる器官、そして身体の動きを維持する酵素やホルモンなど、すべて細胞が集まり作り上げています。

 

つまり、『活性酸素によって細胞が傷つき身体の酸化が起これば、それによって身体の正常な働きも低下してしまうので、免疫力や修復力などを失い病気や肌トラブルなど老化の加速が起こる』というわけ。

 

酸化がもたらす病気の中には動脈硬化があり、これは血液中のLDLコレステロールが酸化することで血管の壁に付着し血流が悪くなるために起こります。

 

症状が進むと心筋梗塞や脳卒中などの深刻な事態になることもあります。

 

また、肌の影響見逃せません。

 

メラニンの過剰生成やコラーゲンの劣化で、『シミ、くすみ、シワ、たるみ』といった肌トラブルも進行します。

 

『細胞の酸化』はそれぐらい怖いことなんだと認識することが大切だと思います。

 

細胞にダメージを与え身体の酸化を促進させるストレス要因の例

大気汚染、食品添加物、化学物質、電磁波、紫外線、肥満、喫煙、睡眠不足、精神疲労

 

健康な細胞が外的ストレスによって活性酸素が過剰発生⇒身体の酸化が進み病気や肌トラブルの原因になる!!

 

では、酸化の防ぐことは可能なのか?

 

酸化の危険性から守る身体を方法とは?

?マーク

 

健康を維持するためには、

『体内で過剰に発生する活性酸素を抑え、身体を酸化させないこと!』です。

 

通常、活性酸素は、細胞内のミトコンドリアがつくるSOD(スーパー オキシド ディスムターゼ)などの『抗酸化酵素』によって、その量が増え過ぎないように消去、抑制し、バランスよくコントロールされています。

 

 

これは、僕たちの身体にもともと備わっている防御システムであって、SODのほかにもカタラーゼやグルタチオンペルオキシダーゼなど、様々な抗酸化酵素の働きによって活性酸素がもたらす細胞のダメージを防いでいます。

 

 

しかし、体内の抗酸化酵素だけはでは処理しきれない量の活性酸素が発生してしまった場合には、身体のいたるところでその攻撃にさらされ、『多くの細胞が傷つき、身体の酸化が進行していきます。』

 

 

例えば、活性酸素の過剰発生につながる喫煙やカロリーの過剰摂取による肥満、そして睡眠不足などは、生活スタイル見直しで防ぐこともできますが、大気汚染や紫外線、食品添加物、化学物質、電磁波など、僕たちを取り巻く環境ストレスから身を守ることはとても大変なことです。

 

 

このような状態では、活性酸素がどんどん発生するばかりで、体内の抗酸化酵素だけでは処理することが非常に難しくなってしまします。

 

 

また、活性酸素によって細胞が傷つけば、同時に抗酸化酵素を作り出す力が衰え、さらに20代をピークに徐々にその力は低下すると言われていますので、ますます酸化の悪循環に陥ってしまいます。

 

 

そこで、活性酸素の影響押しとどめ、生活習慣病や肌のトラブルのリスクを回避するためには、現在科学の進歩によって体内の抗酸化酵素と同じ働きをする抗酸化物質が植物や野菜、果物などから数多く発見されていますので、『身体の外からこれらの抗酸化物質を積極的に補い、活性酸素に対抗する抗酸化力を徹底的にサポートしていくことが必要になります。』

 

ココがポイント

身体における抗酸化力とは、酸化を防ぐ最初の防御線となり、それを強化していくことがいつまでも若々しく、元気にいるためにはとても重要になってくるのです。

 

身体の酸化がもたらすダメージ

肌トラブル、脳卒中、心臓病、高血圧、肥満、糖尿病、動脈硬化、アレルギーなど

 

活性酸素による身体の酸化は、老化を早め、病気や肌トラブルを引き起こします!!

 

まとめ

◎人間の身体が酸化するということは、空気中の酸素よりもさらに強力な酸化力を持っていてエネルギーを作り出す以外にも様々な要因によって体内で過剰に発生して健康な細胞まで傷つけてしまって、さらに身体の酸化が起こり、あらゆる病気や肌トラブルを引き起こすこと。

 

◎酸化を防ぐためには、体内の抗酸化酵素と同じ働きをする抗酸化物質が植物や野菜、果物などから数多く発見されていますので、身体の外からこれらの抗酸化物質を積極的に補い、活性酸素に対抗する抗酸化力を徹底的にサポートしていくことが必要。

 


 

あわせて読んで欲しいContents

\ この記事はどうでしたか?/

-健康 アンチエイジング

© 2020 NARULOG Powered by AFFINGER5