トレンド

2019年 出生数過去最少!?今後社会保障制度や年金はどうなる?

ビジネスマン

 

厚生労働省の人口動態統計の年間推計によると、2019年の日本人の国内出生数は86万4000人と発表されました。

 

1899年の統計開始以来、初めて90万人を下回る見込みとなり大きな話題になっています。

 

今後、出生数が減り、人口が減ってしまうことで『社会保障や年金制度』はどうなっていくのでしょうか?

 

それと同時に、出生数が死亡数を下回る人口の自然減も50万を超えており、想定以上に日本の人口が減少する気配が・・・。

 

なぜ、政府が人口を増やすための政策をしているのにもかかわらず、少子化と人口減少が止まらないのか?

 

日本人の少子化と人口減少が止まらない原因

危険

 

経済学の視点で考えると、先進国の日本には必然的なのかもしれません。

 

子供を持つことによる満足度や幸福度は千差万別です。

 

しかし、あえて金銭的コストで考えてみると、新興国では子供を得ることで労働力が増えるという金銭的なメリットが大きく、子供を産みたいという気持ちが強まる傾向にあります。

 

一方で先進国では、子供は労働力ではありません。

 

そして、成熟国家のため教育費などのコストが高い傾向があり、『子供=お金がかる』という理由で子供を産むことに消極的になりがちです。

 

そこで、政府として子供をもっと増やすために補助金を出すという政策を打ち出してはいるが『日本経済の先行きが不明』な中で政府の政策ありきで『子供をたくさん産もう!』と考える人は少ない。

 

日本人の人口が今後減少していくのは確実!それを受けて、私たちが今からできることとは?

 

日本の社会保障に頼り過ぎない人生設計が必要になる!

お金

 

少子化が進む日本で、今後考えられる2つのシナリオとは?

 

まずひとつは、人口が多い団塊ジュニア世代の年齢が上がり、子供を産む人数が減ることで、一気に少子化が加速する。

 

そうすると、社会保障制度のあり方を変える必要があり、年金の支給開始年齢もより高齢になる可能性があります。

 

日本の政治家は、場当たり的な政治しかしていないからね。

 

悲しいかな、選挙に勝つことしか考えていないのが事実です。

 

もう二つ目は、この状況や労働人口不足を補うために、移民を受け入れがさらに加速することが考えられます。

 

これから先、私たちに求められるものとは?

家族

 

こんな状況の中で私たちができることは、もう日本の社会保障に頼って人生設計をしてはいけないってことです。

 

これから先は、自分の力で何とかできるように働き方や資産形成を考えること。

 

そして、多様人種の日本になることが予想されるため、英語や慣習変化に対応できる教育に力を注ぐべきなのかもしれない。

 

2020年から副業を認める企業がどんどん増えてくる!!

政府が打ち出した『働き改革』っていうもの残業をしないようにや正規社員と非正規社員との所得の格差をなくし、非正規社員でであっても正規社員と同じ仕事の内容なら同じ給料を出しなさいと企業に打診をしています。

 

そうなることで、どうなるか?

 

今まで、40代や50代の中間管理職の方たちの給料が減らされるということにもなる可能性があります。

 

大手、中小企業問わず、40代や50代の中間管理職のリストラが増えることが予想されます。

 

これからは、一つの仕事をしているだけでは生きていけなくなる!!

パソコン

 

あの、『ネット界のカリスマ ホリエモンさん』が数年前から言ってました

 

『これからの時代はひとつの仕事に縛られるのではなく複数の仕事をやならいとダメだ!!』

とね。

 

ほんと、ここ2,3年で日本も変わってきています。

 

時代に取り残されないためにも

・自分が興味があるものにハマってみる。

・今まで、興味があったけど仕事が忙しくて手を出せなかったことに挑戦してみる。

・投資iDeCo(個人型確定拠出年金)FX(外国為替取引) 株式投資 個人向け国債 個人向け社債

投資信託 ETF(上場投資信託)など

・インターネットビジネス (ブログ、アフィリエイト、プログラマー、webマーケティング)

・ネットワークビジネス (サプリメントなど口コミで人に紹介していく仕事)

 

『働き改革によって残業をカット』されたことで、少しでも自分の時間があるのなら資格をとる勉強をしてみたり、何でも良いのでスキルを身につける方が良いと思います。

 

この記事を書いている僕は、現在、美容師をしていますが本業以外に副業を二つ持っています。

 

まだまだ、副業だけではとても生活はしていけませんが、もし自分に何かあった時の保険として数年前からやっています。

 

それともう一つの理由

『ここ数年のうちに、全国でかなりの美容室が淘汰され閉店に追い込まれるのは間違いない』と思っているからです。

 

実際に、2019年の「美容室」の1-10月倒産は92件、、年間でも最多の2018年(1-12月)の95件に迫り、初めて100件を上回る勢いで推移しているそうです。

 

なので、自分もいつそうなってしまうかわかりませんからね(´;ω;`)

 

まとめ

 日本人の出生数が減るとこんなことが起きる!?

〇少子化加速

〇年金開始年齢が上がるなど、社会保障制度に変化が起きる。

〇日本の多様人種化が進む。

 

 出生数減少にどう備えれば良いか?

〇日本の社会保障制度に頼らない人生設計をすること。(副業、スキル身につける)

〇多様人種化に対応できる英語力などを身につける。

あわせて読んで欲しいContents

\ この記事はどうでしたか?/

-トレンド

© 2020 NARULOG Powered by AFFINGER5