WordPress

WordPressで記事を書く前にキーワードでSEO対策をしよう

初心者の方がWordPlessを使ってアフィリエイト記事を書いていく場合、タイトルや記事の中にキーワードを盛り込みSEO対策をしっかりしないと検索結果で上位表示させることは難しい。SEO対策で重要な、記事のキーワードについて理解しよう!

 

こんばんは、美容師のnaruです!

今回は、初心者がWordPlessを使って、タイトルや記事にキーワードを盛り込みながらどうやってSEO対策をするのかを説明したいと思います。

 

記事にキーワードを盛り込んでSEO対策しよう!

SEO対策の基礎知識

SEO(Search engine optimizationの頭文字の略)とは、『検索エンジン最適化』と訳され、あなたが上位表示させたいキーワード(単語)を検索エンジン(google)などに正しく認識させ、検索結果の上位されるように工夫することを言います。

 

検索結果で上位表示させるための対策を『SEO(Search engine optimization)対策』といいます。

 

上位表示させたいキーワードを決める!

 

あなたが投稿する記事が、『どんなキーワードで上位表示されたいか?』を決定します。

 

検索回数が多く、情報件数が多いキーワードを『ビックキーワード』と呼び、反対に検索回数が少なく情報件数が少ないキーワードを『スモールキーワード』と呼びます。

 

ビックキーワードは、ひとつの単語で、スモールキーワードは複数の単語を組み合わせ(複合キーワード)であることが一般的です。

 

情報件数とは、検索エンジンにインデックス(登録)されている件数です。

 

yahooやgoogleで検索すると、画面の上部に『約○○件」と表示されています。

 

『ビックキーワード』と『スモールキーワード』の目安

 

ビックキーワード

月間平均検索回数10、000万回以上、情報件数1,000,000件以上。

ex: ダイエット、パソコン、サプリメント、ゴルフ、リフォーム

 

スモールキーワード

月間平均検索回数2,000回以下、情報件数300,000件以下

ex: 、脚痩せ、使い方、美容、痩せる、ゴルフ 練習場、セルフ 窓 外壁

 

 

ちなみに、『ビックキーワード』『スモールキーワード』の中間にあるキーワードを『ミドルキーワード』と言います。


記事を書いていく前に、良く考えてからコンテンツの作成をしましょう!!

先ほども言いましたが、どのようなキーワードで検索して欲しいのか?

自分ならどんなキーワードで検索するのかを想像してみるのも良いと思います。

 

検索して欲しいキーワードは、タイトルにはもちろんのこと、適度に記事の中に盛り込んでいきます。

 

キーワードは、あまり多く入れ過ぎてはいけないと言われていますので、文章が不自然にならない程度に盛り込みましょう。

 

キーワードが含まれる量は、文章全体の5%くらいまでが良いと言われているので、あまり、キーワードを詰め込み過ぎないようにしましょう!!

 

自分のサイトのキーワード出現率を調べるツールもありますので、それを使ってみるのも良いと思います。

 

SEOチェキ!

http://seocheki.net/

 

キーワードを記述していく際のポイントとして複合キーワード設定して上位表示を目指す!

キーワードとして入力する際は、物販アフィリエイトなら、ショップ名やブランド名、商品名を正確に記述すること。

 

また、単一キーワードだけではなく、複数のキーワードの組み合せて記事のタイトルをつけて、ディスクリプション(description)の部分にもキーワードを入れながら記事の紹介文を書きます。

 

例えば、『ヘアカラー』というキーワードだけではヒット数が多すぎて上位表示を狙うのはアフィリエイト初心者の方には少し厳しいかと思います。

 

そこで、『ヘアカラー、パーマ、ダメージ』『ヘアカラー、シャンプー、傷む』などというように、より具体的なキーワードとの複合で上位表示を狙っていけば上位に食い込める可能性は高くなります。

 

競合相手の多いキーワードで勝負するなら、ビックキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードなど『3つから4つ』タイトルに入れた方が検索にひっかかりやすくなります。

 

なお、キーワードを記述する場所としては、記事タイトルや小見出し、本文中のキーワードを太字表示などは、検索エンジンからも重要視されると言われています。

 

ディスクリプション(description)とは、
ソース内の<meta name="description" content="サイトの紹介文">の部分を示します。
検索エンジンの検索結果にて下図の場所に表示される部分です。(必ずでは無い)

 

ディスクリプションに記載する文字数の目安

検索エンジンの検索結果に表示されるディスクリプションの文字数は最大124文字程度と言われています。

 

124文字以上の文字数を記載しても、その後の文章が消えてしまいます。
又、文字数が少なすぎると表示されない場合があります。

 

SEO的な考えからすると64文字程度が良いと言われています。
長すぎると目標キーワードの%が薄まるからです。

 

64文字の中に2~3回、上位表示させたいキーワードを入れるというのが最適と言われています。
124文字に2回よりも64文字に2回目標キーワードを入れるのが濃いからです。

 

記事を上位表示させるために重要な被リンクって?

少し前までは、関連性のあるウェブサイトから被リンク(他のウェブサイトから自分のサイトへのリンク)は多いほうが良いとされてきましたが、昨今のGoogle(グーグル)のアルゴリズム変更で不自然な量の被リンクや有料リンク(業者に代金を支払ってリンクをもらうこと)はペナルティーになることもある。

 

ですから、上位表示させるための小細工は通用しないということです。

 

同じように、被リンクを集めるために内容の薄いブログやウェブサイトを量産して、メインのサイトにリンクを貼るといった行為もサイトの評価を下げてしまう原因になります。

 

Googleのアルゴリズム変更ってなに?

 

Googleは、検索エンジンがより適切なブログやウェブサイトを検索結果に表示できるように、日々、検索表示方法を調整しています。コレが、検索エンジンの『アルゴリズムの変更』です。

 

最近では、フレッドアップデート、アウルアップデート、医療健康ジャンル大型アップデートといわれるGoogleのアルゴリズムの変更で多くのブログたウェブサイトのオーナーが一喜一憂しているのは事実です。

 

googleは、検索エンジンのコンテンツの質をより重要視するためのアルゴリズムの変更で、オリジナリティーのあるコンテンツ、及び、より質の高いコンテンツを上位表示させるようにしています。

 

従って、記事を書く前に、キーワードの選定、記事のタイトル、ディスクリプション、記事内のキーワードの盛り込む量などをよく考えた上でより質の高いオリジナリティーにある記事を作成することを心がけると良いと思います。

 

まとめ

◎SEO(Search engine optimizationの)、『検索エンジン最適化』をして、あなたが上位表示させたいキーワード(単語)を検索エンジン(google)などに正しく認識させ、検索結果の上位されるように工夫しよう!

 

◎あなたが投稿する記事が、『どんなキーワードで上位表示されたいか?』を決定します。

 

◎『ビックキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワード』を使って記事のタイトル、ディスクリプション、記事内のキーワードの盛り込む量を調整しながら記事を作成しよう。

 

◎不自然な量の被リンクや有料リンク(業者に代金を支払ってリンクをもらうこと)はペナルティーになることもあるのでしない方が良い。

 

◎Googleのアルゴリズム変更は、検索エンジンがより適切なブログやウェブサイトを検索結果に表示できるように、日々、検索表示方法を調整している。

 

 

◎記事を書く前に、キーワードの選定、記事のタイトル、ディスクリプション、記事内のキーワードの盛り込む量などをよく考えた上でより質の高いオリジナリティーにある記事を作成することを心がけること。

あわせて読んで欲しいContents

\ この記事はどうでしたか?/

-WordPress

© 2020 NARULOG Powered by AFFINGER5